スマートフォン版
OPACはこちら
文字サイズ画像 文字サイズ画像
文字サイズ
利用案内
調べ物相談
ハンディキャップサービス
移動図書館
その他のサービス
よくある質問
会場使用について
広報・運営
所蔵新聞一覧

利用案内

図書館ホームページ

ホームページでは、お知らせやイベント、図書館の様々な情報を見ることができます。また、所蔵資料の確認や予約、パスワード・メールアドレスの登録・変更なども可能です。

蔵書検索機(OPAC)

館内には蔵書検索機(OPAC)を設置しています。
市内5館全ての資料が検索でき、所蔵の有無・保管場所の検索・予約をおこなうことができます。パスワード・メールアドレスの登録・変更も可能です。

利用者登録

図書館の資料を借りるには登録が必要です。
下記の方は登録し、「図書館利用者カード」を作ることができます。

・尾道市にお住まいの方
・尾道市内に通勤または通学されている方
・尾道近郊地域(福山市、三原市、府中市、世羅町、愛媛県越智郡上島町)にお住まいの方
 

「図書館利用者カード」は、尾道市内5館と移動図書館での個人利用に、共通で利用できます。

登録に必要なもの

・尾道市または上記の尾道近郊地域にお住まいの方は、名前・住所・生年月日が確認できるもの(運転免許証、健康保険証、学生証など)
・尾道市内に在勤または在学されている方は名前・住所・生年月日が確認できるものと在勤・在学の証明できるもの(社員証、学生証など)

「図書館利用者カード」の申込用紙はこちらからダウンロードできます。

住所や電話番号が変わったときは、必ずカウンターにて変更の手続きをお願いします。その際、変更後の内容が確認できる免許証や保険証などが必要です。

図書館利用者カードを紛失したとき

1.カウンターへお申し出てください。
紛失届に記入していただき、名前・住所・生年月日を確認の上、仮カードを作成します。
2.仮カードは、利用者カードの代用としてお使いください。
3.利用者カードが見つからなかった場合
仮カードを発行した日から1ヶ月後に、利用者カードの再発行をおこないます。
利用者カードの再発行時には、下記の2点をお持ちください。
① 仮カード
② ご本人を確認できる証明書
図書館利用者カードが見つかった場合
 仮カードを速やかに返却してください。

資料を借りる

借りたい資料と図書館利用者カードをカウンターへお持ちください。

・貸出点数
 13点(その内、視聴覚資料は3点まで)
・貸出期間
 2週間

貸出期間の継続

貸出期間の継続はカウンターまたは電話でできます。(電話による継続貸出は、貸出期間中につき1回のみ受け付けます。)返却期限内に手続きをしてください。

・継続期間は手続き日より2週間です。

※カウンター・電話のいずれも、予約が入っていない場合のみとなります。

図書館の資料はみんなのものです。できるだけ多くの方にご利用いただくためおひとりが独占することのないよう、ご理解とご協力をお願いします。

資料を返す

・開館中
返却資料をカウンターへお持ちください。
カードは必要ありません。ただし、カードの印字を消したい方はお申し出ください。
・閉館中
本や紙芝居は返却ポストに入れてください。
CD・DVD・ビデオテープ・カセットテープの視聴覚資料は破損を避けるため、必ず開館時間内にカウンターへ返却してください。

*尾道市内の図書館で借りた資料は、市内5館の図書館どこでも返却できます。

【下記2店舗の啓文社でも返却できます】
開店時間中は返却資料をカウンターへお持ちください。

・啓文社 新浜店/9:00~22:00
・啓文社 コア福山西店/9:00~24:00(閉店後は店頭ポストへお返しください)

集荷から図書館での返却まで、最大数日かかることがあります。あらかじめご了承ください。
CD・DVD・ビデオテープ・カセットテープの視聴覚資料は破損を避けるため図書館のカウンターへ返却してください。

資料をさがす

館内には蔵書検索機(OPAC)を設置しています。OPACを使って市内5館全ての資料を検索することができます。
資料が見つからないときは、職員におたずねください。

また、図書館HP「蔵書検索」から簡単検索または詳細検索が可能です。

予約をする

カウンター・蔵書検索機(OPAC)・図書館HPから資料の予約や市内の図書館からの取り寄せができます。
(電話で予約は受け付けできません)

・予約可能点数
 5点(その内、視聴覚資料は3点まで)
・お知らせ方法
 電話またはメール
・取り置き期間
 連絡日から7開館日まで

 

インターネットからの予約

①利用者カードとパスワードの準備

インターネット予約には、利用者番号とパスワードが必要です。
図書館HP「利用状況の照会」→「利用照会」→「新規パスワード登録」から必要事項を入力し、ログイン。
その後パスワードを登録。(このとき一緒にメールアドレスの登録もできます。)

パスワードは一度登録すれば、ホームページまたは蔵書検索機(OPAC)から変更できます。
*パスワードは4~10桁の半角英数字です。(アラビア数字・アルファベットの大文字・小文字を使用してください。記号は使えません。)

利用者番号・・・図書館利用者カードの裏面バーコード下の9桁の数字
電話番号・・・・利用者カード作成時に記入した番号

②本をえらんで予約を確定する

1.「蔵書検索」から、予約したい資料を検索します。
 検索結果の一覧から書名をクリックすると、書誌情報が表示されます。
 その際、予約できる資料の場合は『カートに入れる』の表示がでます。
2.『カートに入れる』のボタンをクリックします。
 予約申し込みの画面に移動します。
 (この時点では、まだ予約は確定していません)
3.『予約する』のボタンをクリックします。
4.利用者認証をおこないます。
5.受取場所と連絡方法を指定し、『次に進む』のボタンをクリックします。
 (移動図書館での受け取り指定はできません)
6.『予約を確定する』のボタンをクリックし、『予約完了』をクリックすれば、完了です。

『利用状況の照会』の『予約中一覧』に予約したタイトルが表示されます。
予約中の資料の貸し出し準備が整いましたら、指定された電話またはメールにてご連絡します。
*ご自身で現在借りている資料または予約中の資料には、予約できません。
(web上では受け付けても、図書館システムに反映しません。)

 

パスワードの変更

1.利用者番号・現在使用しているパスワードを入力し、ログインします。
2.『利用照会』をクリックし、「パスワードの変更」より、旧パスワード・新パスワード(新パスワードは確認のため再入力が必要です)を入力。「変更する」ボタンをクリックすると変更完了です。

メールアドレスの登録

1.「利用照会」をクリックし、ログイン。

2.「メールアドレスの変更」より新規登録または変更ができます。

予約資料のキャンセル

カウンターや蔵書検索機(OPAC)、または図書館HP「利用照会」の「予約中一覧」より取り消しができます。

リクエスト制度

尾道市立図書館では、皆様からのご意見・ご要望を資料選定の参考とさせて
いただくため、リクエスト制度を実施しています。

●「一般図書・児童図書」「視聴覚資料(CD・DVD)」「雑誌」
のリクエストができます。
※雑誌は、毎年10月~12月の受け付けとなります。
●リクエスト冊数の上限はありません。

尾道市立図書館の資料収集方針ならびに資料選定基準に基づき、尾道市立図書館選書会にて購入の可否を決定します。
ご要望に応えられない場合もありますので、ご了承ください。

リクエストにより購入した資料のご案内は図書館だより等に掲載します。(ご案内には2~3か月かかる場合があります)
なお、リクエスト用紙を出された方への連絡・予約手続きはおこないません。

また、当館に所蔵のない資料は尾道市内図書館からの予約取り寄せや相互貸借制度を利用することができます。

 

団体貸出

登録用紙の必要項目に記入し、団体登録をする必要があります。登録にはいくつか条件がありますので、詳しくはお近くの図書館までご相談ください。

・貸出冊数
 50冊(雑誌、視聴覚資料、付録CD・DVDは貸し出しできません)
・貸出期間
 1ヶ月

団体貸出の申し込み

団体貸出の利用手引き・登録用紙がダウンロードできます。
一般の団体は「団体登録者名簿一般用」「一般用団体貸出に伴う団体証明」、
学校・幼稚園・保育所などの団体は「団体登録者名簿学校・幼稚園・保育園・保育所等用」に記入し、図書館までお持ちください。





資料の弁償

カウンターへご相談ください。
・汚損・破損等により元の状態に修復することが不可能な場合は、弁償をお願いすることがあります。
・紛失の場合は、原則として失くした資料と同じものを購入していただきます。
・DVDは現金による弁償となります。
※図書館のDVDは、貸し出しの許諾を受けて購入しているため、市販のDVDよりも価格が高額となります。

ご自宅での保管や持ち運びの際、紛失や汚損・破損にご注意ください。
特に雨の日の持ち運びは資料が濡れないよう十分にご配慮ください。

寄贈について

皆様から寄贈いただいた資料を、蔵書またはリサイクル資料として活用させていただきます。

蔵書とする資料の判断は図書館に一任していただくこと、図書館へお持ちいただくことを前提としてお受けいたします。

下記の資料については寄贈をお受けできません。
・百科事典、文学全集等
・汚損・破損等により貸出利用に適さないもの
・DVD・ビデオテープ等の映像資料
・その他、図書館で不要と判断したもの

また、地域資料として活用できる郷土資料については積極的に収集しております。